ファクタリングと他の資金調達との違い

オリジナル見出し01

介護事業や医療事業においては、介護保険や医療保険が適用されます。

そして発生した料金のうち、被保険者が支払うのはその一部で、残りの部分はそれぞれの保険によって支払われる仕組みとなっています。


そのため事業者は、決められた期日までに保険者に申請をして、支払いがなされていないキャッシュを受け取る必要があります。
ファクタリングは、この仕組みによって支払いがされていないキャッシュをファクタリング会社が買い取ることで、事業者の財政を健全化させることに効果的なシステムのことです。

マイナビニュースを求める人にお勧めしたいサイトです。

資金調達には様々な方法があり、ファクタリングもそのひとつと言えます。
では、他の資金調達の方法とこの方法にはどのような違いがあるのかと言うと、一般的な方法である銀行からの融資と比較してみます。
融資は、お金を借りることです。



よって返済の必要が発生します。

自立支援給付費債権ファクタリングについての総合情報ポータルサイトです。

また金利が発生し、その部分の支払いだけで財政が悪化することも考えられます。


更に財政状態によっては、融資そのものが断られることもあります。しかしファクタリングは、将来的に入ってくる現金を先取りする方法です。

ですから返済の義務もありませんし、その適用が断られると言うこともありません。
ビジネスローンと比較してみても、銀行からの融資同様の違いがあります。また銀行融資の場合、借り過ぎてしまうと言うことも懸念されます。
しかしファクタリングだと、発生している未払い分の金額、またはその何割しか現金が支払われないので、現金の利用や資金の調達に関して計画性を持たせることができると言う違いもあります。

関連リンク