ファクタリングとは〜資金調達手段のひとつ

オリジナル見出し01

企業などが資金を調達する方法には様々な種類があります。

Reutersの情報をご説明します。

そのひとつがファクタリングです。
ファクタリングは、企業が保有している売掛金をファクタリング会社が買い取るシステムです。

売掛金とは、納品やサービスの提供が終了していながら、支払サイドの都合によりまだ企業側に支払いがされていないキャッシュのことです。


ところで、通常のお店であれば商品が納入された時点でその対価としての代金も支払われるのが普通です。

このような通常の取引が行われない、納品やサービスの提供と、その対価としての料金の支払いとの間に時差が生じる事業とはどのような種類が挙げられるかと言うと、医療事業や介護事業がその代表格です。


これは医療の場合には医療保険が、介護の場合には介護保険があり、その被保険者は、それぞれのサービスを受けた際には、それぞれの保険から補助を受けるような仕組みとなっています。そして企業は、その支払われなかった補助の分を、保険者に請求することで後で支払うを受けると言う仕組みです。

その際にファクタリングを利用すれば、保険者から支払われるよりも早くにキャッシュを受け取ることができると言う具合です。


資金調達の方法には、他にもたとえば金融機関からお金を借りる融資と言う方法があります。

診療報酬債権ファクタリングとの上手な付き合い方をお知らせします。

ですがこの場合、借りたお金は返す必要があり、また利息も発生します。

対してファクタリングは、キャッシュは手元に入ってきてはいないものの、将来的には手元に入ってくる利益を先取りする方法です。
よって融資よりも健全な資金調達法として、先に挙げたようなサービスを提供している企業では利用されています。



関連リンク