資金調達の強い味方、ファクタリング

オリジナル見出し01

 どのような事業でも、必須となるのが資金。


福祉・介護業や医療の場合も例外ではなく、施設維持・人件費など、様々な場面でお金が必要となります。



しかし、福祉・介護業や医療分野の場合は経営をはじめてすぐに収入が入るわけではありません。


サービスを提供した後、「国民健康保険団体連合会」(国保連)や「社会保険診療報酬支払基金」(社保連)に請求、実際に事業所にお金が入るのは2か月近く先になります。

これでは、サービスを提供し始めてから数か月は収入がないことになってしまいます。

そこで利用されるサービスが、「ファクタリング」です。

このサービスは、まだ未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取るものです。

福祉・介護・医療分野の場合「売掛金」とは国保連や社保連に請求し、まだ入金されていない部分のことを指します。

Reutersついてはこちらのサイトでご確認ください。

ファクタリング会社はこの「売掛金」部分を買い取り、先に事業者に現金を支払います。その後国保連・社保連から本来事業所に支払われるお金を、ファクタリング会社が受け取ります。

つまりサービスを提供した事業者が国保連・社保連からお金を受け取る権利をファクタリング会社に売り、先に現金をもらうシステムとなっています。

このサービスのメリットは、すぐに現金を受け取ることができることです。

また銀行からの融資と違い、審査も通りやすく担保も必要としません。

しっかりとした診療報酬債権ファクタリングの詳細についてはこちらです。

そのため比較的簡単に利用することができます。


一方デメリットとしては手数料がかかるため、請求した金額のうち全ては入らないということが挙げられます。


また特に福祉分野の場合、提供しているサービスによっては受けられない恐れもあるため注意が必要です。

関連リンク